Aboutフェスタサマーミューザ KAWASAKI とは

フェスタサマーミューザKAWASAKIは、開館1年後の2005年よりスタートした真夏の音楽祭です。15回目となる2019年からは参加プロ・オーケストラを首都圏に限らず、日本最大のオーケストラ・フェスティバルとなりました。さらにまた、ミューザが誇るパイプオルガンの公演や、子どもたちを対象とした公演、クラシックのみならずジャズの公演も毎年行っており、バラエティ豊かなコンサートをお贈りしています。
クラシック音楽の「新しい聴き方・楽しみ方」を提案する音楽祭としてはじまったサマーミューザは、毎年約3万人が訪れる一大イベントに成長し、「音楽のまち・かわさき」を代表する音楽祭として地元川崎市のみならず、全国のクラシックファンのみなさまから愛されています。
加えて、2020年は全公演でライブ配信を実施。さらなる楽しみ方が広がります。

フェスタサマーミューザKAWASAKIの魅力!

  1. オーケストラを聴き比べ イメージ

    オーケストラを聴き比べ

    日本のオーケストラが華やかな競演を繰り広げます。本格的なクラシック公演から、ジャズ、バレエ公演など様々なラインナップでお届けします。
    オープニングとフィナーレの2公演は、ホスト・オーケストラとして川崎市フランチャイズオーケストラの東京交響楽団が演奏します。
  2. バラエティ豊かな内容 イメージ

    バラエティ豊かな内容

    プロオーケストラをはじめ、川崎市内の2つの音楽大学やジュニアオーケストラも参加。また、ミューザが誇る日本最大級のパイプオルガンの演奏や、ジャズ、子どもたちのためのコンサートなども開催。また、コンサートの時間帯も「土日祝」「平日夜」「平日昼」とあえて様々な時間帯で設定しています。都合のよいお時間に合わせてご来場ください。
    ※2020年は内容を変更しております
  3. コンサート本編以外にもお楽しみが! イメージ

    コンサート本編以外にもお楽しみが!

    多くのコンサートで開演前に「室内楽コンサート」や「プレトーク」などのオプションをご用意しています。
    どうぞ早めにご来場いただき、ゆったりとお楽しみ下さい。(演奏中の入退場はご遠慮いただいています)
  4. 新百合ケ丘での「出張サマーミューザ」 イメージ

    新百合ケ丘での「出張サマーミューザ」

    毎年2公演を新百合ヶ丘の昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワにて開催しています。

    ※今年の「出張サマーミューザ@しんゆり」は会場をミューザに変更して開催いたします。

  5. 音楽祭期間中のみ発行「ほぼ日刊サマーミューザ」 イメージ

    音楽祭期間中のみ発行「ほぼ日刊サマーミューザ」

    コンサートの様子を最速でお伝えする、ミューザスタッフの手作り新聞です。音楽評論家、音楽ライターの方々の執筆によるレビュー、公演写真、お客様からの感想などをお伝えしています。ミューザのスタッフが現地取材している近隣のレストラン情報や、コラムも好評です。

    > ほぼ日刊サマーミューザ2020
    > ほぼ日刊サマーミューザ2019
    > ほぼ日刊サマーミューザ2018
    > ほぼ日刊サマーミューザ2017
    > ほぼ日刊サマーミューザ2016 

  6. パートナーショップ特典 イメージ

    パートナーショップ特典

    音楽祭期間中、ご来場いただいた皆様へ近隣レストランでお使いいただけるWEBクーポンがあります。
    1ドリンクサービスや、割引などお得な特典がいっぱいです。

フェスタサマーミューザ
KAWASAKI2020 開催概要

  • イベント名称
    フェスタサマーミューザKAWASAKI 2020
  • 会期
    2020年7月23日(木・祝)~ 8月10日(月・祝)
  • 会場
    ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 公演数
    全17公演(オーケストラ公演13(うち音楽大学1)/オルガン公演1/ピアノ公演2(うちこどもフェスタ1)/ジャズ公演1)
  • 主催
    川崎市、ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)
  • 後援
    川崎市教育委員会、公益社団法人 日本オーケストラ連盟、J-WAVE、OTTAVA
  • 映像・音響制作
    YouClassics
  • 協力
    株式会社東京MDE、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社

フェスタサマーミューザKAWASAKIの開幕を彩るファンファーレ
「音楽のまちのファンファーレ~フェスタサマーミューザKAWASAKIに寄せて」

このファンファーレは、ホール開館5周年を記念して作曲家の三澤慶氏により委嘱・作曲され、2009年7月26日に東京交響楽団のブラス・セクションによって初演されました。 毎年オープニングコンサートの前に、このファンファーレが演奏され、音楽祭のはじまりを高らかに宣言します。

  • ※「オープニングファンファーレ」は、歓喜の広場ではなく、オープニングコンサートの1曲目として演奏いたします。
フェスタサマーミューザ川崎 オープニングファンファーレ 写真

昨年の様子