本文へ
  • English
ミューザ川崎シンフォニーホール
menu

公演・イベントスケジュールEvent Schedule

Home / 公演・イベントスケジュール / タリス・スコラーズ

タリス・スコラーズ

日時

2024.7.6(土) 15:00開演

14:15開場

会場

ミューザ川崎シンフォニーホール

出演

  • 指揮:ピーター・フィリップス
  • 合唱:タリス・スコラーズ

曲⽬

  • ギボンズ:手を打ち鳴らせ
  • ウィールクス:いと高きにある神に栄光あれ
  • トムキンズ:神よ、高ぶるものが逆らって立ち
  • ミューリー:ラフ・ノーツ
  • パーソンズ:おお、慈悲深きイエス
  • アレグリ:神よ、われを憐れみたまえ(ミゼレーレ)
  • パーセル:神よ、われを憐れみたまえ(9声のミゼレーレ)
  • ゴンベール:ダヴィデはアブサロンを憐れみぬ
  • ジョスカン・デ・プレ:アブサロン、わが息子
  • A.ペルト:息子はどこへ

ドリンクコーナー営業あり

ミューザ初登場。世界最高のアカペラ声楽アンサンブル、結成50周年ツアー!

煌めくような輝きを放つ超越したハーモニーで人々を魅了する英国の人気声楽アンサンブルが2019年以来5年ぶりの来日!1987年には古楽アンサンブルとして初の「グラモフォン」誌の年間レコード大賞を獲得。翌年には日本でもレコードアカデミー賞を獲得するなどブレイクして一気に日本のファンを増やし、今では最高の声楽アンサンブルとして人気を博しています。結成50周年記念ツアーの一環として行われる久々の来日公演。衝撃の感動体験をお届けします。

【18歳以下無料招待】劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業

文化庁による劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業の取り組みとして、以下の公演におきまして18歳以下の子供たちを無料でご招待いたします。次代を担う子供たちに、本物の舞台にふれて、舞台芸術のすばらしさを体感いただける機会となれば幸いです。
申し込み方法など詳細は 【18歳以下無料招待】劇場・音楽堂等における子供舞台芸術鑑賞体験支援事業のお知らせをご覧ください。

チケット料金

席種 一般 友の会 U25(小学生~25歳)
全席指定 ¥6,000 ¥5,400 ¥2,000

チケット購⼊

一般販売
2024.2.21(水)10:00

ミューザ川崎シンフォニーホール

044-520-0200 (10:00〜18:00)

  • 未就学児の⼊場はご遠慮ください。

お問合せ

  • ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 044-520-0200(10:00~18:00)

出演者プロフィール

アーティスト写真
©Peter Adamik

ピーター・フィリップス(指揮)

1953年イギリス、ハンプシャー州サウサンプトン生まれ。72年にオックスフォード大学に奨学生として入学し、ウルスタン、アーノルド両教授のもとでルネサンス音楽を学ぶ。ルネサンスのポリフォニーの研究と演奏の第1人者として高い評価を受け、73年にタリス・スコラーズを結成し、現在までに世界中で2,500回以上のコンサートに出演するほか、数多くの録音を手掛けている。独自レーベル「ギメル・レコード」を設立し60枚以上のレコーディングを行っているほか、作家としても33年間、イギリスの雑誌スペクテイターに定期的に音楽コラムを寄稿するなど、学者・著述家の顔を持ち、欧州各国の中世音楽や宗教音楽の研究や普及にも寄与している。

合唱指揮者として、BBCシンガーズ、オランダ室内合唱団、エストニア・フィルハーモニー室内合唱団、デンマーク放送合唱団、エル・レオン・デ・オロなど世界的な合唱団に多数客演。

2008年、オックスフォード大学のチャペル聖歌隊の設立に貢献し、21年オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジの名誉フェローにも選出された。

05年フランス文化大臣より芸術文化勲章シュヴァリエを授与。

アーティスト写真

タリス・スコラーズ(声楽アンサンブル)

1973年に合唱指揮者で音楽学者のピーター・フィリップスによって結成された。一糸乱れぬ音程とハーモニーにより、ルネサンス音楽に必須とされる心地よいポリフォニーと均衡のとれた響きを生み出し、ルネサンス音楽、古楽において世界最高の合唱団の地位を確立している。

毎年約80回の演奏会を開催。結成40周年の2013年にはロンドンのセント・ポール寺院でのコンサートを含む世界ツアーを行った。23~24年にかけては日本を含む、アメリカ、フランス、ドイツ等で結成50周年を記念してワールドツアーを予定している。

独自レーベル「ギメル・レコード」からリリースされる録音は世界中で多くの賞を受賞している。主なハイライトは1987年グラモフォン誌レコード・オブ・ザ・イヤー(古楽として唯一)、2021年グラモフォン誌アーリー・ミュージック賞、BBCミュージック・マガジン年間最優秀録音賞。最新作は23年10月にリリースされた、ジョン・シェパードの「ミサ・カンターテ」をはじめとする宗教曲集である。今回の来日は19年以来、実に5年ぶりとなる。

ページトップへ