• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

ミューザについて

Announcement of establishment

ミューザ川崎シンフォニーホールの歴史

2004〜賑わいの街へ、ホール誕生

JR川崎駅前という最高の立地に建つ音楽専用ホール、ミューザ川崎シンフォニーホールは、2004年7月1日「音楽のまち・かわさき」のシンボルとして誕生しました。

川崎市は、これまで工業都市のイメージが強くありましたが、一方で、音楽に様々なつながりがあるまちでもありました。市内には音楽大学があり、古い歴史を持つ市民オーケストラや市民合唱団が活発に活動するなど音楽資源の豊かな市でありながら、音楽専用のホールがありませんでした。そこで、1993年、川崎市の新しいタウンイメージの発信地として、川崎駅西口に業務・商業・文化施設などが融合した複合空間を整備する構想が発表されました。その結果として、音楽ホールの建設が決まり、ホールを作るからには、市民が愛着と誇りを持ち、市のシンボルとなるような、そして市外からも多くの人が訪れる最上のホールにしたい――そんな高い志が結実して、クラシック中心の約2,000席を持つ世界最高クラスのホールが完成しました。

ホールを含むビル全体の名称は、市民からの公募により「ミューザ」に決定。「音楽のまち・かわさき」のまちづくりが、市制80周年の2004年にスタートしたのです。

  • 再開発ビル「ミューザ川崎」の中心施設として
    建設されたミューザ川崎シンフォニーホール

  • 世界に誇る音響を実現する音楽専用ホールが誕生

2005〜フェスタ サマーミューザ KAWASAKI スタート

首都圏のオーケストラが一堂に会する、これまでになかった規模の「オーケストラの祭典」。クラシック音楽の「新しい聴き方・楽しみ方」を提案する様々な試みが好評を博し、ミューザの代名詞ともなる一大イベントとなっています。

フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 特設サイト

  • フェスタ サマーミューザの開幕を告げる
    「音楽のまちのファンファーレ」

    2014年 東京交響楽団オープニングコンサート

2007〜こどもフェスタ スタート

子どもたちが気軽に音楽を体験できるワークショップや楽器体験イベントなど、盛りだくさんの内容が魅力の「こどもフェスタ」。ミューザに来る「はじめの一歩」として、川崎の子どもたちに愛されています。

わくわくミューザ 特設サイト

  • いっしょに歌って踊って楽しい、
    0歳からのミニコンサート

  • 自分の体よりも大きい楽器が人気の、楽器体験

  • オルガンでレッスン&発表会ができる、
    わたしもぼくもオルガニスト!

2011震災を経て復旧への道

開館8年目を控えた2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。ミューザでは、幸い負傷者を出すことはなかったものの、天井仕上げ材が客席に落下。原因調査と復旧工事のため、ホールは2年間の休館を余儀なくされました。

復旧の目途が立たない状況下でも「音楽のまち・かわさきの灯をともし続けよう」と代替公演を決断。震災からわずか1か月あまりで会場を代えて初めての代替公演を実現しました。

市内をまわり、公演を続けたことで「音楽のまち」を広め、ミューザと街との絆を一層深める2年間となりました。

リニューアルまでの歩み 特設サイト

  • 2011年4月19日、震災後初めての代替公演。
    東京交響楽団メンバーによる木管五重奏の調べ。

  • 2tトラックをチャーターしての備品運搬

2013〜ミューザの日 スタート

川崎市の市制記念日であり、ミューザの開館記念日である7月1日に地元の企業・団体と連携したイベントや東京交響楽団のコンサートを開催。1万人以上が訪れる人気イベントです。

  • フルオーケストラの伴奏でラジオ体操!?ウェルカム・コンサート2013

  • 聖者の行進で街を練り歩く♪
    スペシャル・パレード

    やり方を何度も練習してからお客様をお迎え
    お仕事体験

2013奇跡の一週間

リニューアルオープンしたミューザに、世界三大オーケストラと称されるベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウが連続して公演を行い「奇跡の一週間」と呼ばれました。

  • ベルリン・フィル

  • ウィーン・フィル

  • ロイヤル・コンセルトヘボウ

2014開館10周年

開館10周年記念公演「千人の交響曲」を開催しました。東京交響楽団の新音楽監督に就任したジョナサン・ノットによる素晴らしい演奏に盛大な拍手が贈られ、会場は感動の渦に包まれました。また、この年からフェスタ サマーミューザ KAWASAKIの参加オーケストラも10周年を記念して10団体となりました。

  • パイプオルガンの荘厳な響きで演奏開始。オーケストラ、ソリスト、合唱団によって
    巨大な名器といえるミューザは、美しく堂々と鳴り響きました

  • 作品に全身全霊を捧げ、見通しよい演奏を聴かせた指揮者ジョナサン・ノット

    7人のソリストと、第2部後半に3階客席に
    アニカ・ゲルハルズ(ソプラノ)が登場

2016地域創造大賞(総務大臣賞)を受賞

開館以来「音楽のまち・かわさき」のシンボルとして地域の魅力を向上させる良質な音楽を提供し、さらに地域交流・人材育成・音楽教育などを目的とした多彩な主催事業を開催、また、川崎市フランチャイズオーケストラ東京交響楽団との協働による多様なプログラムを実施するなど、まちづくりの中核を担う多岐にわたる活動が評価されました。

ミューザ川崎シンフォニーホール

TEL044-520-0200

(10:00~18:00/土・日・祝も営業)

定休日:
年末年始12/29~1/3
保守点検日