• チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

ホールアドバイザー小川典子企画 
小川典子ピアノ・リサイタル「ミューザと歩んだ15年」

日時
2019年 9月28日 (土) 14:00開演
出演
ピアノ:小川典子
曲目
モーツァルト: ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K. 331「トルコ行進曲付き」  
ドビュッシー:「ピアノのために」 
菅野由弘:「水の粒子」ピアノと明珍火箸のための(2010)
ジョセフ・フィブス:NORIKOのためのセレナータ(2018)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 作品57 「熱情」

※13:10~13:40 小川典子と高坂はる香(音楽ライター)によるプレトークあり(指定席) 

小川典子スペシャルインタビュー公開!
サービス
託児サービス

未就学児童不可

料金

  全席指定 U25
一般 4,000円 1,500円
友の会 3,600円 -

U25は小学生から25歳が対象 

チケット購入

一般発売
2019年5月28日(火)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/
ローソンチケット
ローソンチケット 0570-000-407
神奈川芸術協会
神奈川芸術協会 045-453-5080

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200

ミューザ川崎シンフォニーホールのアドバイザーとして、開館当初より数々の意欲的なプロジェクトを実現してきた小川典子。
自身のリサイタル、オーケストラとの数々の共演、CD録音や新作初演、また子ども向けの「イッツ・ア・ピアノワールド」やマスタークラスなどの教育的活動、自閉症児をもつご家族の皆様に寄り添う「ジェイミーのコンサート」など、その活動は極めて多岐にわたります。

小川典子がホールとともに歩んできた15年の軌跡を、響き渡るピアノの音に乗せてお贈りします。



※特別掲載「月刊ショパン2019年9月号」掲載記事

故郷のホールと共に、音楽の素晴らしさを広め続けた15年


神奈川県川崎市で生まれ育った小川典子さん。その川崎市に2004年7月に誕生し、
今年で開館15周年を迎えたのが『ミューザ川崎シンフォニーホール(以下、ミューザ)』だ。 「JR川崎駅前にクラシック専門ホールが建設されると聞いた時には我が耳を疑うほど驚きました」と語る小川さんだが、開館前から準備委員会として関わり、開館後はほぼ毎年演奏会をミューザで行うなど、今日に至るまで両者は親密な関係を築いてきた。
そして来る9月28日には、ミューザとの15年を総括するピアノ・リサイタル、その名も『ミューザと歩んだ15年』が行われる。プログラムは、ミューザでは初披露だというドビュッシー《ピアノのために》や、同会場では約10年ぶりに披露するベートーヴェン《熱情》、そして委嘱作品などで組まれている。
 「《ピアノのために》はドビュッシーの初期作品ですが、ドビュッシー独特の和声やメロディーが華麗な技巧の中から聴こえてきて、とても魅力的です。頻繁に演奏される《前奏曲》や《映像》でなく、今回はあえてこの曲を選びました。また、委嘱作品をお願いする理由は、現在居住しているイギリス音楽界の影響もありますが、最も大切な理由は『作曲家は生きていて、音符を書いていた」ということを、今一度再認識していただきたい、というところにあります。おかげさまで、菅野由弘《水の粒子》は、ミューザ初演以来、各国で演奏を続けておりますが、どの地でも大好評をいただいています」
この15年間を振り返っていただくと、「2台ピアノ協奏曲の饗宴や『ベートーヴェン+』シリーズ、『NORIKO'S DAY』など、色々なことが思い出に残っています。その中でも、フェスタサマーミューザで始まった子供向けリサイタルがこんなに長く継続していることには、感慨深いものがあります。最初の頃は、 近くで鳴るピアノの音にびっくりする小さなお嬢ちゃんや、元気に走り回る男の子がご来場になりましたが、それが今では、世界のお手本になるような素晴らしい聴衆に育ったことに感動しています」と語ってくれたが、一方で小川さんの目はもちろん未来にも向いている。
「来年は、ロシアのピアニズムを楽しんでいただこうと考えています。また、いつの日か他の芸術分野とコラボしながら演奏会を開催できたら良いなあ、とも考えています。ミューザは、ロンドンでも良く知られている存在で、『本当に素晴らしい演奏会場なんだってね』と声を掛けられることがあります。激動の最中のイギリスにあっても、彼らは文化施設や文化活動にかける思いが強い人々なので、ミューザ川崎のことを、『“どこでもドア”を使ってそのままロンドンに移設できるのならぜひそうしたい!』と思っている人が多いと思いますよ!」
 これからも小川さんとミューザの蜜月は続き、川崎から世界へと素晴らしい音楽を届けていくのだろう。期待に胸は膨らむ。

(文/編集部 矢澤学)


小川典子(ピアノ)

英国と日本を拠点に世界の主要オーケストラ・指揮者との共演や、室内楽、リサイタル等で世界各国へ演奏旅行を行う他、国際的なコンクールでの審査、各国でのマスタークラスなど、国際的で多彩な活動を展開中。録音は北欧最大のレーベルBISと専属契約を結び、34枚のCDをリリース。2018年にはサティのソロ曲を録音、2019年はドブニヨンのピアノ協奏曲をスイスで録音予定。
2013年には初のBBCプロムスへの出演で注目を集め、その後もポーランド放送響、モスクワ放送響、サンクト・ペテルブルク響、モスクワ国立響、BBC響など海外オーケストラとの共演や、国際コンクールでの審査、イギリス、フランスを始め多くの音楽祭にも招聘されリサイタルやマスタークラスを行う。2019年夏には、日本、英国、フランス、ドイツ、ポーランド、韓国の6カ国でそれぞれ行われる音楽祭に出演。
英国ギルドホール音楽院教授、東京音楽大学特任教授、ミューザ川崎シンフォニーホールアドバイザー、「ジェイミーのコンサート」主宰、NAS英国自閉症協会文化大使、イプスウィッチ管弦楽協会名誉パトロン、浜松国際ピアノコンクール審査委員長、国際音楽コンクール世界連盟理事。文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞、川崎市文化賞受賞。2017年11月にはこれまでの貢献をたたえて英国ギルドホール音楽院より「フェロー」の称号が授与された。

オフィシャルHP http://www.norikoogawa.com/

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

【公演中止】プラチナ音楽祭2020

10:00開演

シニア世代で構成される市内の音楽団体

詳細へ

  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ENEOS株式会社Presents MUZAランチタイムコンサート 9月

12:10開演

箏:LEO(今野玲央)
フルート:神田勇哉

詳細へ

【完売】ENEOS株式会社PresentsMUZA MUSIC BAR注目若手奏者LEOが伝える箏の魅力

19:00開演

箏:LEO(今野玲央)
フルート:神田勇哉

詳細へ

JAPAN-EUROPE CLASSICS FESTIVAL with バルカン特別交響楽団

19:00開演

指揮者:栁澤寿男
管弦楽:バルカン特別交響楽団
ソリスト(ボーカル):岩崎宏美・大黒摩季・タケカワユキヒデ・尾崎裕哉・幸田浩子

詳細へ

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第159回

14:00開演

指揮:原田慶太楼
ピアノ:鐵 百合奈

詳細へ

【公演延期】マーラー祝祭オーケストラ 第18回定期演奏会

19:00開演

指揮:井上喜惟
アルト:蔵野蘭子
管弦楽:マーラー祝祭オーケストラ

詳細へ

【動画配信!】ガレリアコンサート 第82回

12:15~配信予定

中村 楓子(東京交響楽団 第1ヴァイオリン奏者)

詳細へ

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」~庭師は見た!~

14:00開場/15:00開演

指揮・総監督:井上道義
演出:野田秀樹

アルマヴィーヴァ伯爵:ヴィタリ・ユシュマノフ*
アルマヴィーヴァ伯爵夫人:ドルニオク綾乃*
スザ女(スザンナ):小林沙羅
フィガ郎(フィガロ):大山大輔
ケルビーノ:村松稔之*
マルチェ里奈(マルチェリーナ):森山京子
バルト郎(ドン・バルトロ):三戸大久
走り男(バジリオ):黒田大介
狂っちゃ男(クルツィオ):三浦大喜
バルバ里奈(バルバリーナ):コロンえりか
庭師アントニ男(アントニオ):廣川三憲
花娘:藤井玲南、中川郁文

声楽アンサンブル:藤井玲南、中川郁文、増田 弓、新後閑 大介、平本英一、東 玄彦
演劇アンサンブル:川原田樹、菊沢将憲、近藤彩香、佐々木富貴子、末冨真由、花島令、上村聡、的場祐太

合唱:ザ・オペラ・クワイア
管弦楽:東京交響楽団

スタッフ
副指揮&合唱指揮︓辻博之
チェンバロ、コレペティトゥール︓服部容⼦
演出助⼿︓垂⽔詩織
舞台監督︓酒井健
美術︓堀尾幸男(HORIO⼯房)
⾐裳︓ひびのこづえ
照明︓ファクター
⾳響︓⽯丸耕⼀

*当初予定のキャストから変更になりました(8/17)

詳細へ

  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26

【公演中止】ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:辻井伸行

14:00開演

指揮:ヴァシリー・ペトレンコ
ピアノ:辻井伸行
管弦楽:ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

詳細へ

辻井伸行 ピアノ・リサイタル THE BEST

14:00開演

ピアノ:辻井伸行

詳細へ

交流の響き2020

14:00開演

全国新聞社音楽コンクール上位入賞者
ミューザ川崎シンフォニーホール オルガン講座優秀受講生

詳細へ

  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

渡辺貞夫オーケストラ

19:00開演

サクソフォン:渡辺貞夫

Sax Section
吉田 治 (lead as)
小池 修 (2nd ts)
近藤和彦 (3rd as)
竹野昌邦 (4th ts)
山本拓夫 (5th bs)

Trombone Section
村田陽一 (lead tb)
辻 冬樹 (2nd tb)
奥村 晃 (3rd tb)
山城純子 (4th b-tb)

Trumpet Section
西村 浩二 (lead tp)
奥村 晶 (2nd tp)
佐久間勲 (3rd tp)
松島啓之 (4th tp)

Rhythm Section
小野塚 晃 (piano)
粟谷 巧 (bass)
竹村一哲 (drums)

詳細へ

リスト表示 カレンダー表示