• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団
名曲全集第117回 カリスマ・アーティストによる、ドイツロマン派の傑作

日時
2016年 5月22日 (日) 14:00開演
出演
指揮&ヴァイオリン:ドミトリー・シトコヴェツキー
曲目
ブラームス:大学祝典序曲 ハ短調 作品80
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
シューマン:交響曲 第1番 変ロ長調 作品38「春」
ちょっと聴いてみる? NAXOS試聴
※試聴音源の演奏家は当公演の出演者と異なります
> 試聴機能について
> プレイリストの使用方法
サービス
託児サービス

料金

S¥6,000(5,400) A¥5,000(4,500) B¥4,000(3,600) C¥3,000(2,700)
*( )内は友の会料金

チケット購入

一般発売
2016年2月17日(水)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

《セット券のご案内》


セット券のご案内はこちら

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
TOKYO SYMPHONYチケットセンター
TOKYO SYMPHONYチケットセンター 044-520-1511
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515 (P-code:280-683)
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/
ローソンチケット
ローソンチケット 0570-000-407
CNプレイガイド
CNプレイガイド 0570-08-9990

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200

アゼルバイジャン生まれ。ヴァイオリン奏者、指揮者、編曲家、音楽監督と各分野で多彩な才能を発揮するシトコヴェツキーが弾きながら指揮もします。今回取り上げるのは、ドイツロマン派の作曲家たちの傑作。カリスマ・アーティストが贈る、魅力あふれるプログラムをお楽しみください。


指揮&ヴァイオリン:ドミトリー・シトコヴェツキー

ドミトリー・シトコヴェツキーは多様な芸術面においてキャリアを築き上げる事に成功している数少ないアーティストの1人である。

ヴァイオリニストとして、ヨーロッパ、アメリカ、日本にて数々の一流オーケストラと演奏し、これまでにクラウディオ・アバド、ヴラディーミル・アシュケ ナージ、ヘルベルト・ブロムシュテット、サー・コリン・デイヴィス、シャルル・デュトワ、マリス・ヤンソンス、パーヴォ・ヤルヴィ、ドミトリー・キタエン コ、クルト・マズア、サー・ネヴィル・マリナー、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、ユーリ・テミルカーノフ、マイケル・ティルソン・トーマス等と共演して いる。室内楽では、マルタ・アルゲリッチ、ミシェル・ダルベルト、ベラ・ダヴィドヴィチ、パーヴェル・ギリロフ、ジェラール・コセ、ダーヴィト・ゲリンガ ス、リン・ハレル、そしてアントニオ・パッパーノ等と活動している。

彼は主要な音楽祭に定期的に客演しており、ザルツブルグ、ルツェルン、エディンバラ、ヴェルビエ、ラヴィニア、ニューヨークのモストリー・モーツァルト、 そしてBBCプロムスに出演している。また、ドミトリー・シトコヴェツキーは音楽監督としてコルスホルム・ミュージック・フェスティバル(フィンラン ド)、ウメオ(スウェーデン)、バクー(アゼルバイジャン)、シアトル(アメリカ)にて活躍し、アントニオ・パッパーノとコルトーナのトスカーナ・サン・ フェスティバルにて活躍し、大成功を収めている。

1990年より、ドミトリー・シトコヴェツキーは、指揮者としても華々しい活躍を繰り広げている。2003-04年シーズンよりグリーンズボロー交響楽団 の音楽監督を務める。1996年から2001年の間にはアルスター管弦楽団の首席指揮者兼芸術顧問として、彼は同オーケストラとヨーロッパや極東の各地で ツアーを行なった。また、彼はロシア国立交響楽団の客演主席指揮者を務めており、ヨーロッパやアメリカにおいて定期的に演奏を行っている。


シトコヴェツキーは東洋と西洋の優秀な弦楽器奏者達により構成されているNES室内管弦楽団の創設者でもある。同室内管はヨーロッパ及びアメリカの音楽祭 にも頻繁に参加しており、これまでにユーリ・バシュメット、バーバラ・ヘンドリックス、エフゲニー・キーシン、ボビー・マクファーリン、セルゲイ・ナカ リャコフ、そしてヴァディム・レーピン等のソリストを招いて公演を行っている。

また、約20年前にシトコヴェツキーが弦楽合奏団用に編曲し大絶賛されたバッハのゴールドベルク変奏曲以来、彼はハイドン、ベートーヴェン、ブラームス、 ドホナーニ、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキー、シュニトケの作品を弦楽合奏団用に編曲しており、1985年よりASCAPのメ ンバーも務めている。

彼は広範囲に渡る録音と活動的でバラエティーに富んだレコーディング・キャリアを持ち、中には主要なヴァイオリン協奏曲、数々の室内楽曲、指揮者として交 響曲等の録音がある。2005年春にはシトコヴェツキー編曲による、ショスタコーヴィチ及びストラヴィンスキーの作品をNES室内管弦楽団と録音した新し いCDが、エディション・ヘンスラーよりリリースされる予定である。また、2005年末にはダーヴィト・ゲリンガス(チェロ)及びヤシャ・ネムツォフ(ピ アノ)と録音したショスタコーヴィチ及びミエチスワフ・ヴァインベルグによるトリオの作品が、ヘンスラーよりリリース予定である。

ドミトリー・シトコヴェツキーは現代音楽にも深く精通している。最近のCDでは、ロディオン・シチェドリン作曲(作曲家自身によるピアノ演奏)による室内 楽作品の録音があり、また、彼はジョン・カスケン及びクシシトフ・メイエルより委嘱されヴァイオリン協奏曲の世界初演を行った。また、ヴァイオリニスト及 び指揮者であるシトコヴェツキーのために書かれたペンデレツキ、ペルト、シュニトケ、そしてシチェドリンによる作品を頻繁に演奏している。

ドミトリー・シトコヴェツキーはアゼルバイジャンのバクーに生まれ、その後モスクワで育ち、モスクワ音楽院にて研鑽を積んだ。1977年の移民後は、 ニューヨークのジュリアード音楽院にて学び、1987年より妻子と共にロンドンに在住している。

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2

混声合唱団「樹林」第22回定期演奏会

14:00開演

指揮:辻秀幸
ピアノ:岩崎能子
管弦楽:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル

詳細へ

GAME SYMPHONY JAPAN 24th CONCERT

19:30開演

指揮者:志村健一
管弦楽:東京室内管弦楽団
ゲスト:シブサワ・コウ

詳細へ

  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

男のコーラス・ドッグウッド 2017定期演奏会

14:00開演

男のコーラス・ドッグウッド(男声合唱団)
友情出演:「女性コーラス フレッシュ・ピュア」

詳細へ

  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16

ポプリ♪サロン・コンサート

①13:15~ ②14:00~

ワールドフルートDUO/野田晴彦&赤星ゆり

詳細へ

東京交響楽団 川崎定期演奏会 第62回

14:00開演

指揮:アレクサンドル・ヴェデルニコフ
合唱:東響コーラス(合唱指揮:冨平恭平)

詳細へ

法政大大学第二中・高等学校吹奏楽部 第42回定期演奏会

15:00開演

指揮者:黒田学・中川武・館山満
法政大学第二中・高等学校吹奏楽部

詳細へ

英国女王陛下の近衛軍楽隊 コールドストリーム・ガーズ・バンド

14:00開演

指揮者:サイモン・ホゥ少佐
管弦楽:コールドストリーム・ガーズ・バンド
    スコットランド近衛連隊バグパイプ軍楽隊
ソリスト:ファン・ユンジョン(ソプラノ)

詳細へ

名曲全集第129回

14:00開演

指揮:ヘルマン・ボイマー
トランペット:マティアス・ヘフス

詳細へ

混声合唱団翠声会 第40回定期演奏会

13:30開演

指揮者:中村 皇  ピアノ:廣田千春
パイプオルガン:浅井美紀  ティンパニ:田中祐哉
ソリスト メゾソプラノ:紙谷弘子  バリトン:田代和久

詳細へ

東響ミニコンサート in MUZAガレリア2017 第63回

12:15開演

チェロ:大宮 理人(東京交響楽団チェロ奏者)
ピアノ:田中 英明

MUZAランチタイムコンサート9月

12:10開演

タレガ・ギターカルテット
朴葵姫、松田 弦、徳永真一郎、岡本拓也

詳細へ

MUZAワインBAR 交差する24の弦

19:00開演(18:30開場)

タレガ・ギターカルテット
朴葵姫、松田 弦、徳永真一郎、岡本拓也

詳細へ

交流の響き2017 全国新聞社音楽コンクール上位入賞者演奏会

開場 13:30
開演 14:00
終演予定 17:00

全国の地方新聞社が主催・共催する音楽コンクールの上位入賞者14名 および、ミューザオルガン講座の優秀受講生1名

詳細へ