• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

ハンス=オラ・エリクソン パイプオルガン・リサイタル
オルガンの多彩な様式美~北・中部ドイツ・バロックから現代まで

日時
2017年 9月16日 (土) 19:00開演
出演
パイプオルガン:ハンス=オラ・エリクソン
曲目
J.S.バッハ:ピエス・ドルグ ト長調 BWV 572
ブルーンス:プレリューディウム ホ短調
ハンブレウス:『オルガンのため3つの作品』から「笙楽」
J.S.バッハ:おお人よ、汝の大いなる罪を嘆け BWV 622
メシアン:『聖なる三位一体の神秘への瞑想』から「言葉に命あり、そして命は光なり」
ラモー/レヒシュタイナー:歌劇『インドの優雅な国々』から「序曲」「優しい愛、人の声」「未開人の踊り」
エリクソン:モルビア、マ・ドルチェ・ソッフェレンツァ(優しくも甘い苦痛)(2016/17)
メシアン:『オルガンの書』から「鳥の歌」
シャイデマン:プレアンブルム ト調 WV 73
J.S.バッハ:パッサカリア ハ短調 BWV 582
サービス
託児サービス

beyond2020プログラム 
平成29年度文化庁
劇場・音楽堂等活性化事業

オルガンコンサート

料金

  S席 A席
一般 3,000円 2,000円
友の会 2,700円 1,800円

未就学のお子様はご入場いただけません。託児サービス(有料・1週間前までに要予約)をご利用ください。

チケット購入

一般発売
2017年6月13日(火)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515 (P-code:331-244)
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200(10:00~18:00)

メシアンの薫陶を受けた音の魔術師がミューザに舞い降りる!


「音の魔術師」の異名を持つハンス=オラ・エリクソンがミューザに初登場!
バロックの名曲から、師匠メシアンの作品や自身の新作に至る幅広いプログラムで、ミューザのオルガンから時空を超えた多彩な響きを存分に引き出します。

我が友ハンス=オラ メッセージ from 松居直美


エリクソンは、ミューザホールアドバイザーである松居直美のドイツ留学時代のご友人ということで、どんな方なのか、その素顔についてメッセージをいただきました。

- - - - -
 ドイツの音大に留学してレッスンが始まったころ、私の前にレッスンを受ける金髪色白で小太りの、愛嬌のあるキューピー人形のような快活な「男の子」がいた。日本的な師弟関係の風土しか知らず、しかもまだドイツ語がおぼつかなかった私には、先生と対等に論じ合っているその学生は驚嘆の的だったが、やがて彼が音大でも特別な存在なことが解ってくる。スウェーデンからやってきたこの青年は、すでに気鋭の作曲家として頭角を現しており、音大では作曲科とオルガン科に籍を置く有名人で、しかもホルンを吹く年上の妻がいる早熟の奇才だったのだ。
 しかし、素顔の彼は実に気さくで、私たちはけっこう気が合った。クラスで飲みに行って愛用の嗅ぎたばこを試させてくれたり、学内コンサートでバッハの大きな作品を素晴らしく演奏した後、練習でぼろぼろになったオルガンシューズを橋の上から川に投げ込んだり、スウェーデンに帰る時の盛大なさよならパーティーでの大騒ぎなど、活き活きとした好青年の姿が、柔らかく歌うようなスウェーデン訛りと共に思い出される。
 その彼も今やヒゲもいかめしい「エリクソン教授」になったが、私の中では今でも、ほがらかで自由な音楽人「ハンス=オラ」である。久しぶりにあの素晴らしい演奏を聴くのを楽しみにしている。

松居直美


ハンス=オラ・エリクソン

1958年ストックホルム生まれ。ストックホルムとフライブルグで作曲とオルガンを学んだ後、アメリカ、ヴェネチア、パリで研鑽を積んだ。ジョン・ケージ、リゲティ、メシアン他の作曲家と深い親交があり、彼らのオルガン作品に対するエリクソンの解釈には定評がある。
スウェーデンのピーテオ音楽院オルガン教会音楽科とルレオ工科大学で後進の指導にあたったほか、1996年ドイツ・ブレーメン音楽大学の終身客員教授に任命された。2012年よりモントリオールのマギル大学で大学オルガニストとオルガン教会音楽科長を務めている。
ヨーロッパはもとより、日本、韓国、カナダ他、世界を舞台にコンサート活動をおこなっている。彼の優れた芸術的解釈は、数々の賞を受賞した録音に反映されており、中でも『オリヴィエ・メシアン:オルガン作品全集』(BIS)は、1999年、ドイツの有力誌『Die Zeit』の“21世紀に残したい111枚”の1枚に選出された。20世紀作品のみならず、近年は、J.S.バッハの室内楽作品とオルガン・ソロ作品の録音に力を入れており、高い評価を受けている。
作曲活動もおこなっており、過去10年間に多くの作品が初演されている。
1999年、スウェーデン作曲家賞を受賞。2000年にはスウェーデン王立音楽アカデミーの会員に推挙された。2009年、ドイツのオッペンハイム市より、ナイトの称号を授与された。

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2

第8回 音楽大学オーケストラ・フェスティバル

15:00開演

東邦音楽大学(指揮:梅田俊明)
国立音楽大学(指揮:尾高忠明)
洗足学園音楽大学(指揮:秋山和慶)

詳細へ

  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9

ポプリ♪サロン・コンサート

12:10開演

XUXU([シュシュ)女性アカペラユニット

詳細へ

ボーカデミア ボーカルアンサンブル

13:30開演

ボーカルアンサンブル:ボーカデミア

詳細へ

オペラ「ドン・ジョヴァンニ」(演奏会形式)

開場 14:15
開演 15:00

指揮、ハンマーフリューゲル:ジョナサン・ノット
ドン・ジョヴァンニ:マーク・ストーン ※
騎士長:リアン・リ
レポレッロ:シェンヤン
ドンナ・アンナ:ローラ・エイキン
ドン・オッターヴィオ:アンドリュー・ステープルズ
ドンナ・エルヴィーラ:ミヒャエラ・ゼーリンガー ※
マゼット:クレシミル・ストラジャナッツ
ツェルリーナ:カロリーナ・ウルリヒ

管弦楽:東京交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団
演出監修:原 純

※当初予定の出演者から変更になりました。詳しくはこちらをご覧ください。
【謹告】歌劇「ドン・ジョヴァンニ」出演者変更のお知らせ

詳細へ

MUZAランチタイムコンサート12月

12:10開演

声楽アンサンブル:ヴォクスマーナ(指揮:西川竜太)

詳細へ

MUZAナイトコンサート60

19:00開演

声楽アンサンブル:ヴォクスマーナ(指揮:西川竜太)

詳細へ

東響ミニコンサート

12:15開演

トランペット:澤田真人(東京交響楽団首席トランペット奏者)
ピアノ:林 浩子

詳細へ

クラノワ・カルーク・オーケストラ 第20回定期演奏会

13:30開演

指揮者:堺 武弥・山口俊一
クラリネット独奏:伊藤寛隆(日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者)

詳細へ

名曲全集第132回

14:00開演

指揮:飯森範親
ソプラノ:鷲尾麻衣
メゾ・ソプラノ:池田香織
テノール:又吉秀樹
バス:ジョン ハオ
合唱:東響コーラス

詳細へ

交声曲『海道東征』

19:00開演

指揮:北原幸男
ソプラノ:幸田浩子、盛田麻央
アルト:田村由貴絵
テノール:小原啓楼
バリトン:原田圭
管弦楽:東京交響楽団

詳細へ

東海大学付属高輪台高等学校

17:15開演

指揮:畠田貴生

詳細へ

MUZAパイプオルガン クリスマス・コンサート2017

14:00開演

パイプオルガン&ピアノ:小野田良子
スペシャルゲスト:日野皓正(トランペット)
フラメンコギター:高木潤一
パーカッション:藤橋万記

詳細へ

~150万人都市記念~ 2017かわさき市民第九コンサート

14:00開演

指揮:吉田行地
管弦楽:高津市民オーケストラ

ソプラノ:田川聡美
メゾソプラノ:藤井麻美
テノール:堀江真鯉男
バリトン:武田直之
合唱:2017かわさき市民第九合唱団

詳細へ

MUZAジルベスターコンサート

15:00開演

指揮:秋山和慶
ヴォーカル:岡幸二郎、土居裕子、石井一孝、木下晴香
オーケストラ:東京交響楽団
演出:原 純

詳細へ

関連シリーズ

オルガンコンサート

もっと見る

2018年1月24日(水)
12:10開演

MUZAランチタイムコンサート1月

2018年1月29日(月)
14:00開演

MUZAオルガン講座第1回

2018年2月17日(土)
15:00開演

オルガンの未来へ IV

2018年3月7日(水)
14:00開演

MUZAオルガン講座第3回