• シンフォニーホール

  • 音楽工房

  • チケット購入方法トップ
  • 電話で予約(オペレーター)
  • 窓口で直接購入
  • ミューザWebチケット
  • その他プレイガイド

公演情報

Concert Information

モーツァルト・マチネ 第31回

日時
2017年 10月14日 (土) 11:00開演
会場
ミューザ川崎シンフォニーホール
出演
指揮:ジョナサン・ノット
チェロ:イェンス=ペーター・マインツ
曲目
ハイドン:チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 Hob.VIIb:1
モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 K.543
ちょっと聴いてみる? NAXOS試聴
※試聴音源の演奏者は当公演と異なります
> 試聴機能について
> プレイリストの使用方法
サービス
託児サービス(子育て応援対象事業)

beyond2020プログラム 
平成29年度文化庁
劇場・音楽堂等活性化事業

料金

  一般 学生券(25歳以下の学生)
一般 3,500円 1,000円
友の会 3,150円 -

未就学のお子様はご入場いただけません。託児サービス(有料・1週間前までに要予約)をご利用ください。

チケット購入

一般発売
2017年1月24日(火)

ミューザ川崎シンフォニーホールチケットセンター
044-520-0200 (10:00〜18:00)

チケット取扱

ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200
TOKYO SYMPHONYチケットセンター
TOKYO SYMPHONYチケットセンター 044-520-1511
チケットぴあ
チケットぴあ 一般:0570-02-9999 友の会:0570-02-9515
ミューザ川崎・イープラス
ミューザ川崎・イープラス http://eplus.jp/kawasaki/

お問合せ

ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200(10:00~18:00)




休日の朝に聴いてほしいモーツァルトがある。オーケストラと過ごす、特別な1時間。


 親子ほども年齢に差がありながら互いに影響し合い、信頼し合っていたモーツァルトとハイドン。長い音楽史でも類を見ないこの友人関係を、音楽で味わってみませんか?
 指揮に東京交響楽団音楽監督ジョナサン・ノット、ソリストには今まさにクラシック音楽界の最前線を走っているチェリスト、イェンス=ペーター・マインツが登場。ノットは2015年に指揮した本シリーズでの東響の演奏に感銘し、音楽監督10年の継続を決めたそう。指揮者の心を動かした名演奏にご期待ください。

指揮者からのメッセージ


今回はハイドンとモーツァルトという、二人の偉大な作曲家の作品から選びました。この二作品には面白い共通点がいくつかあります。チェロ協奏曲はハイドンが33歳の頃、交響曲第39番はモーツァルトが32歳の頃と、ほぼ同じ年齢の時に作曲されています。またどちらの作品も、明るいフォルテの序奏ではじまり、協奏曲や交響曲がどのように作られていくのかがとてもわかりやすい作品といえるでしょう。名手マインツとの共演も非常に楽しみです。どうぞご期待ください。(ジョナサン・ノット)

インタビュー記事公開!


イェンス=ペーター・マインツさんに、ハイドンのチェロ協奏曲について伺いました。記事はこちら

2015年モーツァルト・マチネ公演時の写真
© 青柳聡

ジョナサン・ノット Jonathan Nott, Conductor

ジョナサン・ノットは 2011 年 10 月定期/川崎定期演奏会におけるラヴェル「ダフニスとクロエ(全曲)」などを指揮して東京交響楽団にデビュー。この共演が決定的となり、翌 2012 年 10 月には次期音楽監督の就任を発表。2014 年度シーズンより東京交響楽団第 3 代音楽監督を務める。2015年度は、出演した全ての定期演奏会が批評家によるコンサート・ベストテン(「音楽の友」誌上)で多くの票を集めるなど、今最も目が離せない指揮者である。
1962 年イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で音楽を専攻し、マンチェスターのロイヤル・ノーザン・カレッジでは声楽とフルートを学び、その後ロンドンで指揮を学んだ。ドイツのフランクフルト歌劇場とヴィースバーデン・ヘッセン州立劇場で指揮者としてのキャリアをスタートし、オペラ作品に数多く取り組む。1997 年~2002 年ルツェルン交響楽団首席指揮者兼ルツェルン劇場音楽監督、2000 年~2003年アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督(2004年~2006年は客演指揮者)、2000年~2016 年ドイツ・バンベルク交響楽団の首席指揮者を務めた。2017 年 1 月にはスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督に就任する。2010 年、バンベルク響との CD「マーラー交響曲第 9 番」を世界で権威あるフランスの Midem 音楽賞最優秀交響曲・管弦楽作品部門賞受賞へ導き、オーケストラの知名度を一躍広めた。古典から現代曲まで幅広いレパートリーと抜群のプログラミングセンスを持つノットは、その多岐にわたる活躍が評価され、2009 年バイエルン文化賞が贈られた。2016 年 7 月にバンベルク大聖堂にて開催された同響とのラストコンサートでは、大司教より功労勲章が授与された。
ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ニューヨーク・フィル、シカゴ響、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、バーミンガム市響、チューリヒ・トーンハレ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ドレスデン・シュターツカペレ、バイエルン放送響、サンタ・チェチーリア管など
世界一流のオーケストラと客演を重ねている。2016 年 6 月には D.ガッティの代役でウィーン・フィルへ客演し、ヨナス・カウフマンと共演した。
レコーディング活動においてもノットの多彩な才能が生かされており、ベルリン・フィルを指揮したリゲティの作品全集(Teldec)や、アンサンブル・アンテルコンタンポランとのエマヌエル・ヌネス作品集、ラッヘンマン作品集、ジョン・アダムズの DVD、クセナキス、ベリオほかの作品集といった現代作品や、バンベルク響とのマーラー、ブルックナー、シューベルト、ストラヴィンスキーの作品(Tudor)をリリースしている。
教育活動にも熱心で、2014 年秋にユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術顧問に就任し、マーラー・ユーゲント管とは 2015 年にツアーを行った。また、カールスルーエとルツェルンの音楽院でも教鞭をとっているほか、G.ドゥダメルを輩出した「マーラー国際指揮者コンクール」も統括した。


© Mat Hennek

イェンス=ペーター・マインツ Jens-Peter Maintz, violoncello

ドイツ、ハンブルク生まれ。チェロを、ダヴィド・ゲリンガス、ハインリヒ・シフ、 ボリス・ペルガメンシコフらに師事する。
 1994年、ミュンヘン国際音楽コンクールで優勝を果たし、一躍注目を浴びる。チェロ部門では、17年ぶりの優勝者となった。以後、ドイツ国内外で数多くのコンサートに出演し、同世代の中でも多彩な活躍を見せるチェリストの一人である。
 1995年より9年間、名門ベルリン・ドイツ交響楽団の第一ソロ・チェリストを務めた。また、トリオ・フォントネのメンバーとして、世界各地でコンサートを行った。2006年より、クラウディオ・アバドの招聘を受けたことをきっかけに、ルツェルン祝祭管弦楽団のソロ・チェリストを務めている。
 これまでにソリストとして、ウラディーミル・アシュケナージ、ヘルベルト・ブロムシュテット、マレク・ヤノフスキ、フランツ・ウェルザー=メスト、ドミトリー・キタエンコ等の指揮者と、ベルリン放送交響楽団、MDR交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ハーグ・レジデンティ管弦楽団、コーミッシェ・オーパー・ベルリンハノーファー州立歌劇場管弦楽団、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラと共演するほか、ルツェルン音楽祭、ラインガウ音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭等の主要音楽祭に登場している。
 古典的なレパートリーに加えて現代曲も得意としており、これまでに、イサン・ユン、ヤン・ミュラー=ヴィーラント、ゲオルク・フリードリッヒ・ハース、リヒャルト・ダニエルプール等の作品を演奏している。
 室内楽の分野では、イザベル・ファウスト、コリヤ・ブラッハー、ジャニーヌ・ヤンセン、エレーヌ・グリモー、ヴォルフラム・クリスト、アントワン・タメスティ、アルテミス四重奏団、カザル四重奏団、アウリン四重奏団等と共演している。
 1996年、ソニー・クラシカルからリリースしたデビューCD「J.S.バッハ、コダーイ、デュティユー作品集」がエコー・クラシック賞を受賞。2008年にベルリン・クラシックス・ゴールドより「ハイドン:チェロ協奏曲第1番、第2番」(トマス・クルーク指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン)をリリースした。ヴォルフガング・エマニュエル・シュミットとはデュオ「チェロ・デュエッロ」として活動しており、2011年にはソロ・ムジカより同名のCDをリリースし、好評を博す。
 2004年よりベルリン芸術大学の教授を務め、後進の指導に当たっている。
 使用楽器は1697年製作の「Ex.セルヴェ」。

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

第81回 JASTA STRING FESTIVAL 2018

13:30開演

指揮者:壽田琉之アンナ, 佐野 貴昭, 安冨 洋, 川本 義幸, 深山 尚久, 柴 香苗, 寺崎 巖, 青嶋 昭男
管弦楽:ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス

詳細へ

公演予定

オーケストラで楽しむ映画音楽Ⅸ

14:00 開場
14:20 プレトーク
15:00 開演

指揮:秋山和慶
ピアノ:佐山雅弘
ゲスト:May J.
    中井智彦
ナビゲーター:中井美穂
管弦楽:東京交響楽団

詳細へ

キッズプログラム~0歳からのオーケストラ~ズーラシアンブラス meets 東京交響楽団

11:00開演

指揮・お話:オカピ、水戸博之
金管五重奏:ズーラシアンブラス
管弦楽:東京交響楽団(川崎市フランチャイズ・オーケストラ)
司会:土肥陽子

詳細へ

キッズプログラム~0歳からのオーケストラ~ズーラシアンブラス meets 東京交響楽団

14:30開演

指揮:水戸博之、オカピ
金管五重奏:ズーラシアンブラス
管弦楽:東京交響楽団

詳細へ

ガレリアコンサート 第67回

12:10開演

トロンボーン:鳥塚心輔(東京交響楽団首席奏者)
バストロンボーン:藤井良太(東京交響楽団奏者) 他

詳細へ

東京交響楽団 川崎定期演奏会 第65回

14:00開演

指揮:ジョナサン・ノット   

詳細へ

ヴァールシャインリヒ シンフォニカー 第10回 演奏会

13:45開演

指揮:吉川 清
ソプラノ:田中綾乃
アルト:由比昌子
テノール:鏡貴之
バリトン:古澤利人
オルガン:永瀬真紀

管弦楽:ヴァールシャインリヒ シンフォニカー
合唱:ヴァールシャインリヒ コア

詳細へ

名曲全集第136回

14:00開演

指揮:ジョナサン・ノット
ファゴット:福井蔵(東京交響楽団首席奏者)

詳細へ

公演予定

MUZAランチタイムコンサート4月

12:10開演

パイプオルガン:大木麻理(新ホールオルガニスト)、近藤 岳

詳細へ

ナイト60 新ホールオルガニスト就任記念!

19:00開演

パイプオルガン:大木麻理(新ホールオルガニスト)、近藤 岳

詳細へ

モーツァルト・マチネ 第33回

11:00開演

指揮:高関 健
管弦楽:東京交響楽団

詳細へ

町田フィルハーモニー交響楽団

14:00開演

指揮:松下京介
管弦楽:町田フィルハーモニー交響楽団

詳細へ

水星交響楽団 第57回定期演奏会

13:30開演

指揮:齊藤 栄一
ゲスト・コンサートマスター:西江 辰郎

詳細へ